マイホームを考え始めたときのオススメの本 (2)

家づくりキーワード
この記事は約4分で読めます。

こんにちは。ぶーあんです。

 

前回、家づくりを考え始めた時に
初めて読むと良さそうな本を紹介しました。

 

今回は、最近の本で、家とはなにか、
エコハウスについて書かれた本を紹介します。

 

 

スポンサーリンク

「エコハウス」という概念

紹介する本は、コレです。

 

 

この本は、2016年8月に発売された、非常に最近の本です。

他にも何冊か本を読んで、
ある程度、間取りや土地のことを学んでから、
この本が発売されているのを知り、インターネットで注文しました。

この本、写真や絵が比較的多く、
見た感じはとっつきやすいように思います。

 

しかし、中身は、本格的だと感じました。

言い換えるなら、知識がある程度ないと難しい、ということです。

 

最近の住宅公園では、「ZEH(ゼッチ)」とか「スマートハウス」
「エコハウス」「耐震」などの垂れ幕や看板で溢れています。

一条工務店なら、省エネ大賞というキーワードをよく見かけます

 

私もいくつかハウジングメーカーを尋ねて、
その都度、各社のオススメを聞いてきました。

その1つが、「一条工務店」でした。

そこで、担当者さんに、
最近の家づくりのキーワードをたくさんの情報を教わりました。

その時のエピソードは、次の記事にも書きました。

一条工務店に決めた理由「営業さん」編
家探しをしている時、何も予備知識がない状態で、どうしてCMもしていない、名前の売れていない「一条工務店」に巡り合うことができたのか。営業さんの面から振り返ります。

 

こうして、

  1. いくつか本を読んでいて、家づくりに何が大切なのかを知っていたこと。
  2. 各ハウジングメーカーを尋ね、最近のトレンドを学んでいたこと。

から、この本の内容を理解することができたと思っています。

 

 

スポンサーリンク

大切なもの:断熱と気密

たとえば、一条工務店の代名詞のような「高断熱」「高気密」というキーワード。

これが大切だということは、この本にあります。

 

 

断熱

例えば、断熱については、次のようにあります。

世界的に新築住宅の断熱(省エネ)基準は義務化されているが、日本では2020年から省エネ基準への適合が義務化予定。2016年現在は努力基準でしかない。

あたらしい家づくりの教科書 p47 より

つまり、日本は、世界的にみても「断熱」性能が悪い、ということです。

コレ、裏返すと、日本のハウジングメーカーの大部分は、省エネ基準を満たすことができていない。だから、2020年まで時間をとっている、ということではないですか?

 

こういうこと、おそらく他社のハウジングメーカーにとって「耳が痛い」ことは、
自分から知らせてくれることはないと思います。

断熱は、日本は後進国であること。

断熱は、世界的に標準であること。

これらを知らずして、今、家を建ててしまうのは、
とてももったいないことだと思います。

だから、自分で調べること、勉強することが、大切なのです。

 

 

気密

そもそも、このキーワードも、なかなか他のハウジングメーカーからは出てきません。

一条工務店が全館床暖房を実現できていることの裏返しのような「高気密」という性能。

 

このことは、以前にも書いています。
床暖房については、次の記事を参考にしてみてください。

「全館」床暖房は必要?「一部」床暖房ではだめ?
床暖房は、ほしいところだけで十分?一条工務店の全館床暖房はぜいたく?

 

一条工務店を尋ねるとよく聞くキーワードの一つ、C値

これもきちんと説明があります。

C値が低いほど気密性能は高い。

あたらしい家づくりの教科書 p35 より

もちろん、その詳細もきちんと説明されています。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

総じて、この本の内容は、一条工務店の営業担当者さんから聞くことが
概ね正しいということを気づかせてくれる内容になっています。

 

家づくりで何を優先すべきか。

世界基準とは何か。

この本を読んでおかないと、
数年後に後悔することになるかもしれないと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました