火事の影響、落ち着いてきた?

さらぽか

こんばんは。ぶーあんです。

3月締め切りの打ち合わせのために、
夜な夜な、夫婦で家の設備などの検討しています。

間取りが決まれば概ね家づくりも完成かな、と思いきや、
なかなか決めることが多くて、
完全に寝不足、体調不良です・・・

 

さて、最近、打ち合わせがあって、
そのときに、火事の影響の話が
少し進展ありましたので、ご報告いたします。

 

 

Advertisements

納期はあまり伸びなかった

ぶーあんの「さらぽか」は、1か月ほど遅れる予定とのことでした。

 

えっ!? たった1か月で済むの???

あれほど、大きな影響を及ぼすかも、と思っていたのに・・・

驚きました。

ぶーあんは、
当初、半年ほど遅れるのかも・・・と思っていました!

 

断熱材の仕様が変更になる

これは、前回にも説明があったとおり、
ウレタンフォームが爆発事故・火事のために製造再開が未定になったため、
断熱材の仕様変更になるとのことです。

まあでも、想定範囲内でした。

フィリピンの工場火災の「さらぽか」への影響
一条工務店のフィリピン工場で、2017年2月1日に火災があり、断熱材の製造ラインが止まりました。ウレタンフォームが製造できなくなり、その影響は?ウレタンフォームをEPSに変更するかどうか?さらぽか仕様だとどうなる?

 

具体的には、次のようになるようですね。

壁・・・ウレタンフォーム

→ EPS

 

床・・・ウレタンフォーム

社外のウレタンフォーム or 発泡ポリスチレンフォーム (XPS)

そして、断熱材変更による、
坪単価の減額も、当然、行われるようです。

 

高効率エアコン以外の対応ができた

前回の希望が叶いました。

 

一条工務店では、床暖房のためにRAYエアコンが1台付いてきます。
床暖房には、その室外機が必要だからですよね。

 

このRAYエアコンを高効率エアコンにアップグレードしてくれるという
選択肢を前回いただいたのですが、
さらぽかだと、あまり恩恵を受けられないかも?と思っていました。

「全館さらぽか空調だと、エアコンをつけなくても快適」
だからです。

 

さらに、高性能エアコンの室外機は、床暖房に向かない?
室外機が2つに増える?というウワサも聞きました。

そこで、会社が考えてくれたもう一つの選択肢が、
「10万円の減額」だそうです。

「さらぽか」のぶーあんには、これが最も無難な選択肢かな、と思いました。
(営業担当さんも、そう言ってました)

 

まとめ

i smart II が iシリーズ Zero になって、
性能面で少しdown-gradeしてしまうことは、
やっぱり、少しだけ寂しく感じます。

でも、ウレタンフォームの再開を待つのは
現段階で再開未定という状況を聞くと、
仕方ないよね、って、今は納得しています。

 

i-シリーズZeroも十分高性能なんですけどね(一条工務店のwebsiteより)

 

納期について。

ぶーあんは、家づくりを急いでいたわけではないので、
今回の火事の影響による納期の遅れは、あまり問題になりませんでした。

でも、
「子どもの新学期の時期と合わせていたのに」とか、
「狭いアパートを出て行く予定をしていたのに」とか、
色々厳しい状況の方もおられると思います。

 

営業さんにあった時、
まだ色々対応に追われている感じを受けましたが、
一時の「先行き不透明感」はなさそうに感じました。

コメント