照明のリモコン、どうしてますか?

住み心地

こんにちは

 

部屋の照明には、

シーリングライト(天井面 ceiling に直接取り付ける照明器具。出っ張る)や

ダウンライト(天井に埋め込む小型の照明器具。天井面がフラットになる)

など、いろいろありますね。

一条工務店で安く購入できる提携のものや、
Panasonicなどのメーカーのもの、など、メーカーもたくさんあります。

 

我が家は、リビングやキッチンはダウンライトで、

人がいる寝室や勉強部屋はシーリングライトにしました。

 

 

Advertisements

シーリングライトにはリモコンがついてくる

 

シーリングライトにすると、リモコン がついてきますよね。

以前住んでいたマンションでも、シーリングライトにはリモコンがありました。

シーリングライトのリモコン。一条工務店のLEDキャンペーンの対象商品にあるシーリングライト付属のもの。

 

もちろん、一条工務店で建てたときも、
たくさん、シーリングライトのリモコンが付いてきました。

 


 



 


 

シーリングライトの利点は、調光と調色

 

シーリングライトは、優秀だと思います。

その理由は、「調光」と「調色」ができること。

すなわち、明るくもできるし、暗くもできる(調光)

そして、白っぽい光にもできるし、オレンジ色っぽい光にもできるのです(調色)

調色。左はオレンジ色っぽく、右は青色っぽい。

 

ダウンライトにこの調色や調光機能を入れるのは、

値段も高くなるし、そもそも対応していないものもあるかも・・・

 

そして、この「調光・調色」を使いこなすには、

リモコンが必要です。

 

壁のスイッチのON、OFFを繰り返していても
調色はできません。

 

せっかく優秀なシーリングライトなので、
やっぱりリモコンをつけたい、と考えるようになりました。

 

でも、できれば壁に穴を開けたくない

 

なぜリモコンを使わない生活を第一に考えてしまうのか。

それは、リモコンの置き場所をどうするか、という問題に突き当たると思います。

 

リモコンは、(エアコンのもそうですが)リモコンホルダーとセットで付いてきます。

 

すなわち、

リモコンホルダーを壁の好きなところに取り付けて、
リモコンをそこに収納しておくのです。

 

でも、せっかくの新築なのに、

リモコンホルダーを壁に穴を開けて取り付けたくない・・・

 

私は、そう思っていました。

 

ただ、これは、以前紹介した「時計を壁に取り付ける」問題と同じで、

取り付けない状態のまま、すなわち、不便と感じたままで生活しつづけるのは

逆にもったいない、と考えるようになりました。

 

壁にピンを打って、時計をかけてみた
新築の家の床や壁を傷つけないよう生活してきました。でも、時計はやっぱり壁に欲しいです。

 

そして、たとえ失敗しても、

その時には開いた穴を埋めるようなパテもあります。

 

快適に感じるように、

せっかくのシーリングライトの「調光・調色」機能最大限発揮できるように

リモコンをうまく利用しよう! と考えるようになりました。

ということで、壁のメインスイッチの隣にリモコンホルダーを取り付けました。

 

まとめ

 

みなさんの家に、シーリングライトはありますか。

リモコンは使っていますか。

そのリモコン、どこに収納していますか。

机の上ですか?ベッドの上ですか?

 

 

私は、色々考えて、

最初から壁に取り付けることを選びました。

コメント