2回目の間取り打ち合わせに行きました(その1)

間取り

こんばんは。ぶーあんです。

先日、ホームベーカリー買って、パンを焼きました。
うまくいきました。これだけで満足です。

 

先日、2回目の打ち合わせに行ってきましたので、
その模様をお伝えしたいと思います。

 

 

間取りの希望と現実

まず、打ち合わせ前に、営業担当者さんが来てくれて、

次のような大きなバインダーを持ってきてくれました!

黒い大きなクリアファイルです。

そして、中を開けてみると・・・

おおっ!

感動です!間取りや外観などが入ったファイルです!!

 

このファイルの中には、A3でプリントされた用紙が、10枚ほど入っていました。

家の外観予想図です!3次元で、正面から描かれたものが入っていました。


次に、家の間取り。各フロア別でした。仏壇など、もし入れるものとサイズがわかっていれば、この図面に組み込まれるようです。


外観の仕様。東西南北から1枚ずつ。タイルやサッシ、玄関ポーチなどの詳細が右に細かく記されています。


外観の長さ、太陽光パネルが何枚か、など。これも、東西南北の設計図案が入っていて、中央に太陽光パネルの詳細、何kWa搭載するか、などが書かれています。


立体的に見たフロアの形です。これ、ぶーあんの希望は、人も入れてほしかった。家具やトイレは少し絵が入っているのですが、人のサイズが分からないと、広さの目安が分かりにくいです。


土地における、家の配置などの詳細。道路境界線、外壁境界線、など。車の停め方もわかります。

 

こういう、細かな設計図、いいですねー。

プラモデルの説明書のような感じで、ワクワクしてきます。

 

ぶーあんの希望したこと

そして、2回目の打ち合わせ当日までに、
このたたき台から、どこをどう修正したいのか、を考えます。

さて、初回の打ち合わせでぶーあんが要望した内容は
きちんと盛り込まれているのかなあ、と見てみると・・・

 

なんと!盛り込まれていました!!

 

いやはや、本当にすごい。

デザイナーさんの力を思い知らされました!!

 

なお、ぶーあんは、次のような要望をしていました。

・アイランドキッチンがほしい。
・その影響でリビングが狭くなるのは構わない。
・オープンステアがほしい。
・子ども部屋は小さくてもいいから3つ。
・こども部屋のうち、2部屋は、将来的に壁を取り外して1部屋にできるようにする。
・トイレは1帖でいい。1階も2階も。

など、他にもいくつか要望したと思いますが、

全て入ってるんです。

 

なんだか、これでもういいんじゃないかって思うくらいでした。

 

ただ、妻はそんな中、希望を書き出していました。

・収納をもっと欲しい
・キッチンに子どもが勉強できる場所を作って欲しい
・書斎のアクセスをもっと良いところに
・勝手口を作って欲しい

 

まとめ

今までの経過をまとめました。

 

初回の打ち合わせ(間取りの希望を伝える)
→ 2回目の打ち合わせまでに、その希望に沿ったたたき台の図案が完成
→ 担当営業者さんが届けてくれて、さらに希望や変更を考える(今回の内容)
→ 2回目の打ち合わせにのぞむ(次回の予告)
→ 3回目・4回目・外構・などの打ち合わせ・・・
→ 最後の打ち合わせ

 

次回、2回目の打ち合わせの詳細について、報告できれば、と思っています。

 

ところで、
 「食パンなんて、コンビニでも安く売ってる」
 「ホームベーカリーで焼く必要ないよ」
っていう意見も聞きます。

でも、ぶーあんは、きっと、パンを焼きたいのです。

 

一条工務店の家づくり。たとえば、
 「太陽光パネルなんて、お金かかるだけでメリットないよ」
 「安く電力会社から買えばいいし」
と、思う方は、一条工務店を選ばないのかも。

と思うのです。

 

どちらも楽しいですよ。

お金の高い・安い、だけではないですよね。

 

ぶーあんは、こういうの好きなのです。

コメント