さらぽかで過ごした、暑すぎた夏(その2)

さらぽか

こんばんはー。

 

9月25日は、少し涼しくなりました。
やっと、夏も終わる???

いやあ、もう、暦では「秋」のはずなんですよね。

中秋の名月もあったし・・・

「中秋の名月」

 

前回の続きです。

この夏の過ごし方を振り返ってみます。

 

 

Advertisements

さらぽかの設定を変えた

 

「床冷房25度」

「サーキュレーターをON」

 

この設定が推奨されていたので、なんの疑問も感じずにこの設定を続けていました。

それでもあまりに暑かったので、前回書いたように、エアコンを入れたのです。

さらぽかで過ごした、暑すぎた夏(その1)
2018年の夏が過ぎようとしています。今年は、ホント暑かった!この暑さに、我が家の「さらぽか」は役立ったのでしょうか??

 

でも、ある日、私が仕事をしている間に、
営業さんから妻に電話がかかってきたようです。

 

さらぽかの設定、どうされてますか?

 

 

もちろん、ぬかりなく設定していたので、

主人が、ちゃんと動かしているようです

って答えてくれたのです。

 

 

 

変えることができる「さらぽかの設定」

 

で、その日、私が帰宅すると、
動かし始めたRAYエアコンが止まっていることに偶然気づきました。

あれ?エアコン、止めたの?

 

 

おっ、よく気づいたねー。どう?家の中、暑い?

 

 

そういわれると・・・

 

営業さんから電話があって、さらぽかの温度設定下げたよ。

 

 

 

なんと!

そんな手があったのか!

 

 

 

 

よく考えると、当たり前なんですけれど、
「暑いなら『さらぽか』の設定温度を25度から下げればよい」ということに
まったく気づきませんでした・・・

「25度」に気を取られすぎていた!

 

 

それでも・・・やっぱり暑かった

 

最終的に、さらぽかの設定温度は、23度まで下げました。

ただ、それでも暑かった・・・

 

時々、とくに寝るときは、やっぱり寝室のエアコンのお世話になりました。

 

ただ、エアコンの設定温度は、26.5 – 27.0 度くらい。

すぐに効くので、ほとんど動いている雰囲気はありませんでした。

 

Advertisements

 

 

まとめ

 

実は、サーキュレーターも、さらにパワーアップさせる余地があったのですが、
今季は、サーキュレーターの設定は変えませんでした。

サーキュレーターは、言うならば、「天井埋込み型の扇風機」。

これを例えば「弱」から「強」に変えたら
もっと涼しくなったのかなあ?

 

涼しくなる気がしますけれど、うるさくなる気もします。

 

サーキュレーターは、上下・左右、と自動で風向きを動かしながら常に動いているので、
寝るとき(つまり、静かなとき)には、その音が少し気になることがあります。

 

だから、たとえ涼しくなるとしても、音がうるさすぎるなら
ちょっと考えものかも・・・

 

また、さらぽかの設定温度を23度より低くすることもしていません。

個人的に、推奨からあまりに逸脱する設定にするのは
ちょっと気が引けるので・・・

 

だから、さらぽかの限界には挑戦しませんでした。

 

ということで、今回の記事、まとめますと、

 

さらぽかの設定温度は25度以下に下げることができる

別にエアコンを動かす頻度を下げることができそうです。

 

 

 

さらぽかの設定、サーキュレーターの設定、の限界には挑戦せず。

私は、さらぽか23度までです。
サーキュレーターに至っては、「上下・左右の弱風(推奨設定)」のままでした。

それでも暑いときは、エアコンをつけました。

 

 

 

せっかく、快適に過ごすために、いろいろ考えてプランした家。

私の考えは、「自分も家も、無理せず、快適に」です。

 

暑いのを我慢しすぎるのも嫌だし、
さらぽかに無理させすぎるのも嫌です。

 

もちろん、「さらぽか25度 + サーキュレーター」だけで快適を得られれば一番ですけれど、
それが無理なほど暑すぎた場合は、

床冷房も、サーキュレーターも、デシカントも、エアコンも、
あらゆるものを適度に動かして快適を得よう、って考えて、この夏を越しました。

 

今、さらぽかは25度。推奨設定のままです。

そろそろ止めることができるかなあ?

コメント