【なにげない日常】フローリングの拭き掃除

床の掃除は、夜、家族が寝静まってから
一人ですることが多い。

もちろん、妻が日中掃除してくれているけれど、
拭き掃除までとなると少しハードルが高い。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

「ブラーバ」がとても便利だ。

子どもがいると、どうしても、
掃除がはかどらない。

掃除したいところで、
座って本を読んでいたり、はしゃいでいたりする。

だから、掃除は夜にする。

掃除は、2段階だ。
第1段階が、クイックルワイパーで、
第2段階が、拭き掃除。

拭き掃除は、主にブラーバの時間だ。

ブラーバは、ルンバと違って、とても静か。

「スー、スー」と、床を拭いていく音がするだけ。
横で付けているテレビの音の方が気になるくらい。

夜に動かしても、騒音の問題は、ほぼないと思う。

どうして、先にクイックルワイパーなのか。

なぜなら、ほこりがある状態で拭き掃除すると
汚れが広がってしまう気がするから。

見えていなくても、けっこう、ほこりは落ちている。
だから、先にクイックルワイパーする。

幸い、我が家の1階には、
ダイニングテーブルや椅子が置いているくらい。

ソファなどは、ない。

だから、クイックルワイパーも、ブラーバも
すんなりと掃除できる。

せっかくの Live Natural Premiumだから、
フローリングの上に寝そべりたい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告