ホームシアターを攻略する (1)

オプション
Advertisements

こんにちはー!

 

家にいると、ほんとうに25度で
快適な生活をしています。

さらぽか、いまのところ、気に入ってます!

 

さて、我が家には、営業担当の方オススメの
ホームシアターの音響セットをオプションで入れました。

 

ただ、音響って難しくて、
どうやったらいいのかわからない・・・

 

ネットでも、専門用語が多くて、
とっつきにくいんですよね・・・

 

今回、わたしは時間を随分かけて、

ある程度の知識を得ました。

その結果、それなりに満足できる成果を得ることができましたので、

何回かに分けて、その報告をしてみようと思います。

 

 

 

Advertisements

ホームシアター: 採用したもの・しなかったもの

 

我が家は、次の2つを一条工務店のオプションとして入れました。

天井埋込型スピーカーシステム(JBL社製)

サブウーファー SUB100PBK(JBL社製)

これ、いわゆる「5.1 ch」を構成するのに必要なスピーカーです。

サブウーファーは、一条工務店のテレビボードに収まるように設計されている。

 

私も、かつて若い頃、
5.1 ch のサラウンドを体験したくて、
スピーカーを5個買ったことがあります。

 

でも、スピーカー・・・
ジャマなんですよね・・・

 

マンション暮らしの頃、
ホームシアター専用の部屋を作らないといけないくらい
スピーカーがでかくてジャマ。

 

テレビの置いてある、6-8帖のリビングに
でかいスピーカーをどーんって置けないんです。

 

妻も子どもも
「なによこれ、掃除できないじゃん、ジャマじゃん」
って言います。

 

だから、家を建てるとき、
あらかじめ、スピーカーが部屋に内蔵されているっていうのは、
すごくメリットがあるなあって思ったんです。

 

一方、一条工務店のオプションでもある「スクリーン」を、
私は採用しませんでした。

 

その理由は、いくつかありますが、
大きいのは次の3点です。

1.スクリーンの設置にお金(オプション代として)がかかる

2.プロジェクターも買う必要がある

3.普通に、テレビが巨大化、高性能化、低価格化が進んでいる

 

 

プロジェクターから映し出される映像は、
まだまだ4Kなどには対応しきれていません。

そして、対応したものはやはり相当高い。

 

4Kどころか、フルHD (1920 x 1080) で高性能なプロジェクター、
Kakaku.com でも人気のあるモデルでは、約12万円ですね。

 

その費用を出せるなら、テレビを高性能化できると思います。

 

ただ、100インチにこだわりたいなら、
考えてもいいのかもしれないです。

スクリーンも、スピーカー同様に設置が大変そうなので、
埋込できるならメリットがあると思います。

 

良ければ、2017年3月の以前の投稿、
見てみてください。

オプション:ホームシアター(電動スクリーンセット)を採用しなかった理由
ホームシアターセット。8万円位で設置できるので、ちょっと夢はありますが、今回採用をやめました。その理由とは?

 

 

 

音響の基本? サラウンドとは

 

5.1 ch(ごーてんいちちゃんねる)・・・この名称は知っていました。

音をサラウンドで聞けるシステムです。

スピーカーを左前・中央前・右前・左横・右横に設置するんです。

(詳しくは、Wikipedia 参照)

 

「サラウンド」と同じような用語に、
「モノラル」とか「ステレオ」とかがあります。

 

スピーカーが2つあるとき、

「モノラル」は、2つのスピーカーから、同じ音がでてます。
「ステレオ」だと、2つのスピーカーから、別々の音がでます。

 

スピーカーを左右に設置して、左右それぞれから別の音が聞こえてくると
音が立体的に聞こえてくる感じです。

2つのスピーカーじゃなく、もっとたくさんスピーカーがあると
それだけ音が立体的に聞こえるわけで、

それがサラウンドシステム・・・代表が5.1 ch なんですよね、きっと。

 

 

 

音響を組んでやりたいこと・できたこと

 

私は、冒頭で書いたように、

音響やスピーカー、全然詳しくありません。

 

でも、音に囲まれるということに、
少し憧れませんか?

 

具体的には次のようなことがしたいな、と思っていました。

1.普段のテレビ(地デジ)の放送の音がよく聞こえる

2.ゲームで、サラウンドを体験できる

3.DVDやAmazonビデオなどで、いい音を体験できる

 

現在、DVDプレーヤーやAmazon Fire TVなどを持っていないため、

まだ「3」の道具を持ってないので確かめられてませんが、

「1」と「2」は、クリアできました。

 

でも、
Amazon Fire TVを使って
テレビでAmazonビデオをサラウンドで体験できるシステムを、
問題なく組むことができると思っています。

 

 

 

理想のサラウンドを構成するのに必要なのは

 

じゃあ、どうすればサラウンドの音響を得られるの?

 

えーっと、上に書いた一条工務店のオプションの2つだけだと、
まだ足りないものがあります

 

絶対、必要なのは、

1.アンプ

2.サブウーファー接続ケーブル

です。

 

私は、DENON AVR-X1400H というものを買いました。

DENON製のアンプで、最も安く買えるものです。

(つい先日、新製品の1500Hが発表されましたね)

定価6万円くらい。安くなって4万円くらいです。

今なら、1500が安くなるのを数か月待つか、
1400が在庫切れになる前に買うか、悩みますね・・・

1500と1400の性能差はあまりなさそうなので、
1400を買ってしまうのもいいかもしれないです。

 

レビューも出てます。

デノン、Phono入力も搭載した7.2ch AVアンプ「AVR-X2500H」、「AVR-X1500H」
 ディーアンドエムホールディングスは、デノンブランドの7.2ch AVアンプ新製品「AVR-X2500H」と「AVR-X1500H」を6月中旬に発売する。価格はX2500Hが90,000円、X1500Hが59,500円。どちらもDolby AtmosやDTS:Xに対応、4KのHDR映像はDolby VisionやHLG...

デノンのAVアンプは、昨年の「AVR-X2400H」と「AVR-X1400H」において、DACチップをそれまでのTI・バーブラウン24bitタイプから、旭化成エレクトロニクスの32bit 8ch DAC「AKM4458」に変更するなど、大幅な進化があった。

 

 

 

サブウーファー接続ケーブルは、コレを買いました。

きっと、音に追求すればするほど、
もっといいものがあるのでしょうね。

でも、わたしは、とりあえずサラウンドを構成したかったので、
Amazonで1000円もしないものを選びました。

 

その他、状況に応じて必要なのが、

1.有線LANケーブル

2.テレビアンテナケーブル・分配器

3.HDMIケーブル

4.モデム

5.延長コンセント

です。

 

 

まとめ

 

私は、Nintendo Switch と、Wii U をつなげてます。

Nintendo Switchの Splatoon2ゼルダの伝説ブレスオブザ・ワイルド は、
サラウンドで音を体験できるので、ちょっと感動しますよ。

 

Splatoon2では、
音で、敵や味方の位置がわかるようになりました。

 

 

ゼルダの伝説では、
雷がどの方向に落ちたとか、
コログの場所がどこだ、とか、
風の向きとか、分かり、
包まれている感じを受けます。

 

ゲームに詳しくない皆さま・・・
ちょっと、わかりにくい例えでゴメンなさい。

 

まとめます。

もし、

1.大きなスピーカーを部屋に置きたくない

2.それなりにサラウンドを楽しみたい

のであれば、
一条工務店のスピーカーシステム、導入の価値はあるかなと思います。

 

そして、アンプは、一番安いもので全然問題なくいけます!

コメント