ホームシアターを攻略する (6)

こんにちはー。

最近、仕事が詰まってて、疲れました・・・

移動が多すぎて、足もパンパン・・・

次の週末も忙しくなるのですけれど、
少し時間が空いたので、更新しますね。

今日は、PCMについてです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

PCMとは

PCMも、DolbyやDTSと同じような、音の種類の1つです。

PCMは、圧縮されていない音です。

(参考までに、PCMは、pulse code modulation の略です。)

Dolby や DTS などは、圧縮された音です。

だから、「PCMは一番音質がいい」とも言えますが、
「容量大きすぎて、DVDなどのメディア内に入らない、送れない」なんて
問題も起こってしまっていたようです。

(そのため、音質と圧縮率をいいところで妥協しているのが、DolbyやDTS)

でも、ブルーレイなど
大容量化のメディアが出てきたこと(メディアに入るようになった)、

HDMIケーブルで接続できるようになってきたこと(光デジタルでは送れなかった)

などから、

最近は、PCM音源(マルチチャンネル リニアPCM)もよく見かけるようになっています。

PCM音源はどこに使われている?

私が、一番PCMをみかけるのは、「ゲームをするとき」です。

Nintendo Switch のソフト紹介のページから「ダウンロード購入」の
リンクをたどると、そのソフトの詳細がわかります。

たとえば、Nintendo Switch を代表する「Splatoon 2」の場合。

任天堂のHPからソフトの詳細のページを覗いてみます。

Splatoon 2 の紹介のページ。一番最後に注目

「本ソフトは以下の機能に対応しています。」のあとに、、、PCMありました。
リニアPCMですね。さらにサラウンド対応です。
(そして、このサラウンド対応かどうかが、接続の際に問題となる課題・・・)

まとめ

PCM音源、技術の進歩のおかげで
少しずつ広がってきた「無圧縮の一番容量の大きい」音でした。

でも、まだまだDolbyやDTSのサラウンド技術が使われているもの、
たとえば、映画やblu-rayが多い印象があります。


参考にさせていただいたサイト

1 Wikipedia「PCM音源」
https://ja.wikipedia.org/wiki/PCM音源

2 Wikipedia「パルス符号変調」
https://ja.wikipedia.org/wiki/パルス符号変調

3 Wikipedia「音声ファイルフォーマット」
https://ja.wikipedia.org/wiki/音声ファイルフォーマット

3リニアPCMとドルビーデジタルとDTSではどれが一番音質が良いのでしょうか?
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1054083280

4 MP3やAAC、WMAなどの圧縮音源は、どう使い分けるのがベスト?
https://setsuzoku.nifty.com/koneta_detail/170721000334_1.htm

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告