ホームシアターを攻略する (2)

こんばんはー。

この日曜日、すごい大雨でした!

でも、家の中にいると、意外と安心。

雨の音も少し聞こえますが、不安になる事はありませんでした。

さて、前回、ホームシアターのことを少し書きました。

一条工務店のホームシアターセット。5.1chのサラウンドを体験できるメリットは?

今回、その続き、いきます!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

よく聞く? ドルビーってなんだ?

ドルビー(Dolby)という用語、耳にしたことないですか?

こういうマークです。

Dolbyのマークの一例

これ・・・サラウンドで聴く音のタイプの一つなんですね。

サラウンドの種類

このあと、サラウンドの名前がよく出てきます。

ここ、つまづきやすいです!!

いくつかあるんですけれど、私が重要と思う3つをここで紹介しますね。

それは、Dolby、DTS、PCM、の3つです。

(この詳細は、また次回・・・)

サラウンドの種類、例えてみると??

サラウンドについて、以下に例を挙げてみます。

もし例え方、間違えていたらゴメンなさい。

私が理解した内容は次のような感じです。

例1:カレーライス

子ども「お母さん、今日のばんごはん、なにー?」

お母さん「今日は、カレーにしたよ」

子ども「わーい、ラッキー。えっと、どんなカレー?」

お母さん「そうねぇ、ハウスの甘口と、グリコの甘口と、どっちがいい?」

子ども「えー?どっちでもいいけど・・・今日はハウスにしようかなあ?」

お母さん「昨日、カレー用の鍋買ったから、それで作ろっか!」

例2:食パン

子ども「ねえ、お母さん、食パン買おうよ!」

お母さん「いいわよ。どれにする?」

子ども「じゃあ、パスコにする!」

お母さん「ヤマザキじゃないのね・・・」

子ども「お母さん、家にトースター、あったよね?」

本題

おねえさん「あのぅ、このDVD、どのようなサラウンドで聞けるんですか?」

店員さん「そうですね、これは、Dolby Digital も、DTS X もいけますよ?

おねえさん「そっか。わたし、Dolby の方が好きかなあ

店員さん「お客さん、再生するアンプとスピーカーのシステムは整ってますか?」

おねえさん「えぇ、先日、5.1 chのスピーカーと、アンプを買いました」

具体例を挙げてみる

最後に、一つ例を紹介してみます。

アメリカのAmazon.comで、次のDVD(blu-ray)を探してきました。

このWinter’s War を例にしてみます。

このディスク、一体どのように聞こえるのでしょうか?

では、Amazon.com で、情報をチェックしてみましょう。

Amazon.comから(Amazon.co.jpではないです!)

少しスクロールしていくと・・・
Language の欄、でてきましたか?

Languageに注目!

ここ、よーく見てみてください。

このDiskの場合、

英語だと、Dolby Digital 5.1 chに対応。
フランス語では、DTS 5.1 chに対応。

ということのようですね。

なお、同じ製品を日本語のAmazon.co.jp の製品コーナーで調べてみると、
Amazon.comにある詳細が載っていません。

言語情報が・・・これだけ?

うーん・・・これは分かりにくい・・・

なお、その右下にある「DVD/Blu-rayの仕様」のリンクをクリックすると、
次のように、少し情報が分かります。

Dolby、DTS、PCM、の説明

今日、わたしがここまで説明してきた内容、載っています。

どうでしょう?

ここまで読んでいただけたなら、このAmazonの情報、

すこし分かるようになった・・・でしょうか???

ここでは、(ハウスのカレーに甘口、辛口があるように)

Dolbyの「Dolby Surround」と「Dolby Digital 5.1」があるようですね。

まとめ

Dolby Digitalにも、(カレーの甘口、辛口のように)いくつか種類があります。

DTSにも、(食パンに4枚切りや6枚切りがあるように)いくつか種類があります。

そして、それらを楽しむためには、それ専用の装置の準備が必要です。

スピーカーも、アンプも、ディスクも、

どれもいいものが揃えることができると、

よりグレードの高いサラウンドで楽しめます。

いやー、本当に難しい・・・

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告