オプション:ホームシアター(電動スクリーンセット)を採用しなかった理由

こんばんは。ぶーあんです。

オプション。

付けたいけれど、もったいない・・・
でも、実は比較的お手頃価格だから、付けないほうがもったいない?

悩みますよね。。。

でも、どこかで決めなければいけません。

私が、悩んだ挙句、見送ることにしたオプションを紹介します。

今回は、「ホームシアターの「電動スクリーンセット」約83800円」です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

100インチクラスの大画面の迫力!

ホームシアターを設置している知り合いがいるので、自宅訪問してきました。

なお、その方は、一条工務店ではなく、別の工務店で、建てられています。

スクリーン、プロジェクター、音、と全てにこだわった
システムを保有されていました。

これをリビングに設置しておられて、
私が訪ねた時、映画のDVDを上映してくれました。

いやー、それは大迫力です。

全てのシステムが、こだわりの一品なのか、
映像もすごく綺麗でした。

ちょっとテレビでは味わえない大きさですね。

うーん、欲しい!!

採用をやめた3つの理由

でも、今回、この電動スクリーンセット、採用することをやめました。

その主な理由は、次の3点です。

毎日使うのか?

まず、ホームシアターセットをリビングに設置した場合を考えてみます
普段、テレビソファなどがリビングに置かれているはずなので、
ホームシアターを楽しむときに、スクリーンなどを準備する
ということが必要になります。

言い換えると、リビングにホームシアターを設置した場合、
普段テレビを見るはずなので、スクリーンは収納していると思うのですね。

・・・ホームシアターの出番、あまりないのでは?と思ったのです。

テレビスクリーンどちらが優先されるのでしょうか??

もし、すごく映画が好きで、DVDを鑑賞するのが好きならば・・・
その場合、別に「鑑賞ルーム(ホームシアタールーム)」を
用意する
のが良いと思います。

でも、そこまで映画マニアでないなら・・・
テレビとスクリーンと比べると、
テレビを見る機会のほうが多いのなら・・・

・・・それなら、スクリーンを出すことは
すごく少なくなるのではないでしょうか?

大画面テレビではダメなのか?

次に、値段の問題です。

スクリーンプロジェクターは、値段が非常に様々で、

良いものは100万円クラスです。

一方、テレビは薄型テレビが主流になり、技術も進歩してきたため、
値段はどんどん安くなり、4K対応などの大画面化高性能化が進んでいます。

どれほどの大画面が必要でしょうか?
それは、大型テレビではダメなのでしょうか?

50インチ以上のテレビでも、比較的値段が落ち着いてきているため、
もし、100インチクラスを希望しないのなら、
リビングにそのまま置けるテレビを高性能化する、という選択肢が
あるのではないか?と思ったのです。

プロジェクターが必要

そして、一条工務店のホームシアターセットには組み込まれていないのが、
プロジェクターです。

プロジェクターは、まだまだ発展途上で、
これからもどんどん高性能化が進むのではないか、と思います。

例えば、画素数。

現在のところ、テレビでは主流の4Kを映すプロジェクターは、100万円相当です!!

ブルーレイのDVDを再生したくても、
プロジェクターが対応していないと、4Kではない。モッタイナイ・・・そう思いませんか?

一方、4K対応のブルーレイディスク、テレビであれば、
キレイに4Kで再生されるのです。

ほかに、明るさの問題。

基本的に、ホームシアターは部屋が暗いほうが便利なものですが、
見るたびに部屋を暗くするのでしょうか?

良いプロジェクターは日中の明るいときでも
キレイに映せるかもしれませんが、
暗くする必要がないテレビの方が絶対にきれいです。

ゲーマーなら、遅延も問題です。
例えば、私が持っているTOSHIBAのREGZAは、
ゲームの遅延がないことを売りにしています。
この点、ゲーマーなら重要視すべきポイントです。

東芝のテレビREGZA〈レグザ〉の公式ホームページ。- レグザ×ストリートファイターV -

普通のテレビでもなかなかクリアできないこの問題を
プロジェクターがクリアしているかというと、していません。
(ゲームマニア以外ならあまり関係ないかもしれませんけれど・・・)

以上のように、プロジェクターはまだまだ性能はアップしていく所で、
まだ値段もこなれてきていない、と思われるのです。

まとめ

私が思う、電動スクリーンセットのベストな使いみちは、

1.映画やDVD鑑賞を大画面で楽しむのが趣味・・・ホームシアタールームを作って設置。

2.適度に映画を見たい・・・大画面テレビを買う。

ではないでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告