スマートハウス・エコハウスとは?

ぶーあんは、夜勤あけです。

体に負担がかかると、すぐに頭痛を起こします。寝たい・・・

こんばんは。ぶーあんです。

今日は、本サイトのタイトルにもある「エコハウス」について考えます。

スマートハウスの意味

Wikipediaによると、次のことのようです。

スマートハウスとは、1980年代にアメリカで提唱された住宅の概念で、家電や設備機器を情報化配線等で接続し最適制御を行うことで、生活者のニーズに応じた様々なサービスを提供しようとするものである

SMART HOUSE AND HOME AUTOMATION TECHNOLOGIES(ワシントン大学)

うーん、よく分かりません・・・

スマートハウス。

よく耳にする単語ですが、要は、「省エネルギー(省エネ)住宅」のことだと思われます。

二酸化炭素 (CO2) を削減しなさい。

電力不足・災害に備えて、エネルギーの自給自足を考えないさい。

これらは、世界的にみて、日本はすごくがんばっていると思います。

数年前、アメリカで暮らしていた時、ゴミの分別なんてありませんでしたよ?

日本は・・・どれだけ分別するの?というレベルですけれど・・・

アメリカのアパートのゴミ捨て場。なんでもアリ。

省エネにする、エネルギーロスを減らす、ここで大切な考えが、

高断熱」「高気密」なのでしょう。

断熱

一条工務店のホームページでは、

省エネ性能を紹介している、次のようなページがありました。

高断熱・・・すなわち、「家の中は、外気の影響を受けずに快適であること」です。

断熱のための工夫 (1) 断熱材

家探しをしていると、どの展示場でも絶対アピールしている点の1つ。

一条工務店でも、ホームページが詳しいので多くは書きません。

一条工務店は「外内ダブル断熱構法」をうたっています。

断熱のための工夫 (2) ペアガラスサッシ

これも、どのメーカーの展示場でも説明があると思います。

アルミサッシが普及しましたが、断熱性能を高めるため

どんどん技術は進歩しています。

2枚ガラスや3枚ガラスなどで、断熱性能を高めるわけです。

一条工務店では、「防犯ツインLow-Eトリプル樹脂サッシ」ですね。

ハニカムシェード」も断熱に役立っています。

気密

このキーワード、ぶーあんが家探しをするまでは

知りませんでした。

せっかくエアコンで温めた空気、冷やした空気が

家の中からスースーと外へ通り抜けてしまうと意味がないですよね。

高気密とは、この現象を防ぐことです。

断熱・気密の指標

断熱、気密を表す数字があります。

 Q値UA値C値 
何の指標か熱が逃げる量熱が逃げる量隙間の量
略称熱損失係数外皮平均熱貫流率気密性能
単位W/m2・KW/m2・Kcm2/m2
数字が低いほどよい数字が低いほどよい数字が低いほどよい

高断熱・高気密が省エネ化に必須

スマートハウスは、世界的にみると日本は遅れているようです。

もっとも、ぶーあんがアメリカで住んでいたアパートも、

それはそれは欠陥住宅でしたが・・・

スマートハウスの考え、すなわち、「省エネ」は、

ぶーあんの理想のものでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告