私がアルコールによる掃除を避けている理由

メンテナンス
Advertisements

ぶーあんです。

 

instagramで、「 #一条工務店 」などのキーワードで検索すると、

たくさん、写真、出てきますねー。

 

 

そんななか、掃除ネタもかなりたくさん!

先日、影響を受けて、オキシクリーンを買ってしまいました。

その使用感は、後日報告するとして、

今回、70%エタノールについて、考えてみました。

 

 

Advertisements

70%エタノールは「消毒」?

 

エタノールといえば、よく言われるのは、

「消毒」とか、「滅菌」ではないでしょうか。

 

例えば、病院で予防接種や血液検査をしてもらう時。

看護師さん「では、消毒しますから、腕を出してくださいね」

って、そのときに皮膚を拭いているのは、

70-80%程度のアルコール綿と思われます。

 

ほかにも、たとえば、こちら。

70-80%ですね。

 

次に、こちら。これも人気ありますよね。

名前のごとく、アルコール 77% ではないでしょうか。

 

 

そのほかにも、こういうペーパータオルも、アルコールを使用したもの。

似たような商品と思われます。

 

一時期、「アルコール消毒は、ノロウイルスに対して有効ではない」と言われていましたが、

どうも、インターネットで検索していると、少しは効果があるとのことですね。

(ノロウイルスには、漂白剤による洗浄がよいと思います)

 

とにかく、アルコールは、「消毒・滅菌」のような働きが強いということです。

 

 

拭き取らなくても、自然に乾くのは便利・・・だけど?

 

たくさんの掃除道具がある中で、私が思う、アルコールを使うメリットは、「速乾性」です。

拭き取らなくても、すぐ、自然に乾燥してしまいます。

 

・・・注射の時、消毒液を拭き取りませんよね。

 

でも、実は・・・わたしは、アルコールをあまり好きではありません。

 

アルコール消毒で、「手荒れする」「手がカサカサになる」経験はありませんか?

 

アルコール消毒は、最近、店の出入り口や、公衆トイレなどでもよく見かけます。

でも、消毒をやり過ぎると、手を痛めてしまいやすいんですよね。

 

これって、つまり・・・

アルコールは「強力すぎる」のではないか、と思うのです。

 

 

キーボードの掃除、どうしてますか?

 

わたしは、Mac Book Pro を愛用しています。

長く使っていると、キーボードがベタベタに汚れてしまいます。

「なにか、いい掃除方法ないかな?」とインターネットで検索してみました。

 

アルコールによる掃除方法・・・よくでてきますね。

 

たしかにきれいになると思います。

実際、アルコールを含んだコンピュータ清掃用のペーパータオルのような製品も

あると思います。

 

 

でも、わたしは、アルコールによる掃除はしません。

 

その理由は、大きく2つ。

  1. Apple のメンテナンス方法に、アルコールを使った方法がないから
  2. コーティングが外れるほど強力だから

です。

 

Appleの推奨は、少し濡れたタオルで拭く、ですね。

 

Apple websiteより

 

 

コーティングに悪影響を及ぼす?

 

わたしは、アルコールを使うと

製品塗装(別の表現で言うと、コーティング)を外すのではないか

という恐怖心を持っています。

 

実は、アルコールを使ってキーボードやマウスを掃除している知り合いがいます。

その方のキーボードやマウスは、なんというか、少し「てかっている」感じがするのです。

 

これは、「アルコールによってコーティングが取れた状態」ではないか、と

わたしは思うのです。

 

キーボードの汚れは、手の脂が中心。

水拭きで取れるのか?って思いませんか?

でも、けっこうとれますよ?

 

他にも、電卓やリモコン、TVゲームのコントローラーなども、

わたしは、メガネ拭きに使うような優しい手触りのタオルを濡らして拭き、

その後、別の乾いたタオルで拭き取っています。

 

そうそう。

Appleの製品のメンテナンスは水拭きでしたけれど、

朝日ウッドテックの「ライブナチュラルプレミアム」のメンテナンスの基本も、

「空拭き」です。

 

 

まとめ

 

掃除道具として、アルコールはけっこう人気があります。

Amazonで検索していて、驚きました!!

パストリーゼに至っては、レビューも750件を超えてます!!

 

うーん。でも・・・アルコールって

・・・けっこう強いですよ?

 

まずは、わたしは、「空拭き・水拭き」でやってみよう、と思っています。

メーカー推奨の方法でもあり、かつ、コーティングが取れてしまうのが心配なので・・・

コメント