オキシクリーン:大きさの比較

メンテナンス

ぶーあんです。

先日、ご報告したとおり、オキシクリーンを入手しました。

その後、日本版と、アメリカ版(コストコで購入)の二種類揃えることができたので、

その違いなどを紹介したいと思います。

 

 

Advertisements

成分の違い

今回、日本で発売されているモデルは、でオンライン注文しました。

グラフィコ オキシクリーン 1500 g で、安いと、約850円程度で買えますね。

そこに、アメリカ版(コストコ版)のモデルとの違いを紹介している
小パンフレットが入っていました。

日本製は、アメリカ版とは違い、界面活性剤が入っていないようです。

界面活性剤というと、せっけん洗剤泡立つ成分

よく、Instagramなどで「泡がもこもこした台所のシンク」などを見かけるかと思いますが、

日本製のオキシクリーンを使っても、界面活性剤が入っていないため、再現できません。

もっとも、「洗浄力に差はない」と、その小パンフレットはうたっていますが(ホントかな?)

容量の違い

アメリカのオリジナル版を
コストコのメンバーの知り合いに頼んで、買ってきてもらいました。

先のリンクでも検索できますとおり、約2000円で、楽天とほとんど同じ値段でした。

先に日本版を買っていたので、コストコ版を見て驚きました!

でかい!!

日本版は、1.5 kg。

アメリカ版は、11.6 lbs (ポンド) = 5.262 kg (キログラム) もあります。

また、日本版は、プラスチックケースに入っていますが、

コストコ版は、ナイロン袋に入っていて、それがダンボール箱に収められています

付属の計量スプーンの違い

さらに、違うのが、付属のスプーン

ちょっと・・・アメリカ版(コストコ版)のスプーン、でかすぎです。

Instagramで、

「カップ2、3杯を入れてます」ってあったとき、

そのカップ(スプーン)が、日本版かアメリカ版かで、量はぜんぜん違います!!

検討してみました。

アメリカ版のスプーンは、日本版のスプーンの約5-6杯分に相当します。

日本版のスプーンを使うなら、カップ 10-15杯 くらい入れるということになります。

まとめ

一度に、オキシクリーンが6.5 kgも手元に届き、何に使うか困りました・・・(笑)

とりあえず、子どものシューズを、日本版のオキシクリーンに漬けてみました。

適当に日本版スプーン3杯ほどをバケツに入れて、
手を入れると少し熱く感じる湯を入れて、そこに漬けました。

オキシクリーンは、すぐには溶け切らないので、
少し熱いけれど、手で混ぜました。少しぬるっとしますね。

手荒れが気になるなら、手袋などを付けたほうが良いかもしれません。

しばらくすると、「シュワシュワ~」と小さな音とともに
小さな泡が出てきました。

漬けている湯が、次第に汚れてきたので、
きれいになっていると思うのですが・・・

正直、はっきりとした効果は分かりませんでした・・・

実は、オキシクリーンのあと、いつものように、
ウタマロ石鹸で洗ってしまったので、
オキシクリーンだけの評価は不能でした・・・(やってしまった・・・)

さて、私にとって今後の課題は、

アメリカ版のオキシクリーンに含まれていて、

日本版には含まれていない「界面活性剤」の有無によって、

洗浄力に差があるのかどうかですね。

「界面活性剤 = せっけん」と思うので、

界面活性剤が入っている方が洗浄力があるように思います。

それなのに、日本版のオキシクリーンに入っている小パンフレットがうたうように、

どうして「洗浄力に差がない」となるのでしょうか??

コメント