初回の間取り打ち合わせに行きました(その1)

土地
敷地調査報告書

今日は、Nintendo Switchのプレゼンテーションがあり、

すごく興奮していました。

(ある意味、初回の間取り打ち合わせより興奮したかも)

 

こんばんは。ぶーあんです。

 

先日、第一回の間取りの打ち合わせがありましたので、

その話を何回かに分けてレポートします。

 


 

いつもの営業さん「ぶーあんさん、それでは、うちの設計士を紹介しますね」

ぶーあん「分かりました」(ドキドキ)

 

初めてお会いする設計士さん「ぶーあんさん、はじめまして。よろしくお願いします」

ぶーあん「よろしくお願いします」

 

営業担当さん設計士さんぶーあん夫婦、の4人で始まりました。

 

まず、設計士さんから名刺をいただき、設計士さんのプロフィールを教えてもらいました。

出身地とか、家族構成、とか、出身大学とか、

ここまで自己紹介いるの?プライベート情報聞いていいの?・・・と思いましたが、

今後のよりよい設計のためには必要なステップなのかもしれないですね。

 

そして、ある程度、お互い打ち解けあえてから、本番です。

でも、間取りの話にはなりません。

土地の細かな情報(敷地調査報告書)の説明からスタートしました。

 

ぶーあんは、土地を決めて、手付金100万円を年末に払ったところです。

その後、一条工務店さんが敷地調査を行ってくれていることは知っていましたが、

まだ、その報告は聞いていませんでした。

 

 

設計士さん「傾斜が・・・電線が・・・溝が・・・土留(どどめ)が・・・」

設計士さん「・・・以上のことから、○○をしておくことをおすすめしますね」

ぶーあん「分かりました。そうですね」

 

……何も答えられませんでした・・・(^_^;)

だって、買った土地に家を建てるのに必要なもの、

断れないし、拒否できないし。

 

 

そして、いよいよ、間取りの話が始まるのでした。

 

P.S.

設計士さんの名刺、右肩に星が入ってて、

どれだけ設計してきたか表しているのかもしれないですね・・・

かっこいいです。

(注意:写真は一部、加工していますよ)

星はどこまで増えるのか知りません・・・

コメント